VOX ORGANIC SPICE

オーガニックスパイスの専門店 VOXSPICE

 

インド共和国

産地情報

インド共和国


■採れるスパイス

フェネグリークシード/クミンシードパウダー)/唐辛子S4コースカット(パウダー)/唐辛子Byadgiコースカットパウダー

■生産者情報・取組み

インドのクミンシードは北西部ラジャスターンの砂漠で栽培されています。地域のNGOと協力し、農家への定期訪問を中心とし栽培技術の伝達も行っています。

■概要

多様な宗教、言語、文化を持つ民族がひしめき合って一つの文化圏を作っています。国民の約8割がヒンドゥー教徒で、今もカースト制度の名残があるなどその影響は大きい。ほかイスラム教(約13%=約1億5千万人)、キリスト教(約2%)、シク教(約2%)などが主な宗教としてあげられます。国内には膨大な数の遺跡があり、1000年以上前に造られたものが当時の形のままで残っているものも少なくないのです。

■気候

インドの気候は、乾燥砂漠気候(インド西部)、高山性ツンドラ氷河気候(インド北端部)、熱帯性湿潤気候(インド南西部や島嶼部)、温帯性湿潤気候、ステップ気候の6つに分類できると言われています。インドの季節としては、乾期と雨期に分けられます。更に細かくは4つの季節に大別され、1月と2月が冬、3月から5月までが夏(酷暑期)、6月から9月までは季節風(モンスーン)による雨期、10月から12月のポスト・モンスーンとなっています。

■食文化

人口の83%ほどを占めるヒンドゥー教徒は、牛を「神聖視」しているため、ビーフを食べることは宗教的なタブー事項。厳格なヒンドゥー教徒は一切の肉を食べませんが、多少の肉食はOKとする、それほど厳格ではないヒンドゥー教徒も牛肉だけは避ける人がほとんどだそうです。また、世界のイスラム教徒人口第2位を誇るインドですが、イスラム教徒は豚を「汚ないもの、穢れた(けがれた)もの」としているので、ポークが宗教的にタブーと言えます。「肉を食べる」となると、チキンかマトンというのが一般的です。