VOX ORGANIC SPICE

オーガニックスパイスの専門店 VOXSPICE

 

  • HOME
  • SPICE STORY
  • 【スパイスと歴史】日本のカレーが本場インドと違う理由

SPICE STORY

【スパイスと歴史】日本のカレーが本場インドと違う理由

2015/09/09

私たち日本人が「スパイスを使った料理」として真っ先に思い出すのは、やはりカレーではないでしょうか。
カレーがインドから伝わった料理であることは有名な話ですが、本場インドのカレーと日本のカレーは、見た目や味などさまざまな違いがありますよね?

それもそのはず、本来カレーは数種類のスパイスを混ぜ合わせた「混合香辛料」や「それを使って味付けした料理全般」のことを指しているため、実はインドにはカレーという名前の料理は存在しないのです。

イギリスを経由して日本へ伝わったカレー

カレーは18世紀にインドからイギリスに伝わり、19世紀に世界初となるカレー粉がイギリス国内で作られました。
この時イギリス人が作ったカレー粉が、現在日本人が食べているカレーの味の原型となっています。

そしてイギリスから日本にカレーが伝わったのが明治時代のこと、その頃日本では西洋の文化が積極的に取り入れられていたため、その中の1つとしてカレーも伝わりました。

つまりカレーはまずイギリスに伝わり、イギリス人が作ったカレーが日本に伝わっていったため、インドと日本のカレーは全く違うものとなっているのです。

日本のカレーに欠かせない3つのスパイス

インドと日本のカレーの違いはスパイスにも表れています。
先ほどインドに「カレー」という名前の料理が無いことは説明しましたが、実はインドには「カレー粉」も存在しません。

日本ではカレーを作る際に決まったスパイスが含まれているカレー粉を使うのに対し、インドのカレーは料理ごとにさまざまな種類のスパイスをブレンドして作っているのです。

では私たちが使用しているカレー粉には、どのようなスパイスが含まれているのでしょうか。
日本のカレーを作る上で欠かせないものとなっているのが「ドウガラシ」「ターメリック」「クミンシード」の3つのスパイスです。

・トウガラシ
トウガラシはカレーの辛味を構成しているスパイスです。
日本人の中にはトウガラシのことを「鷹の爪」と呼んでいる人もいますが、鷹の爪は数あるトウガラシ種の1品種にしか過ぎません。
トウガラシは「ししとう」や「パプリカ」といったさまざまな品種の総称であり、その種類は3000種類以上に上るといわれています。
・ターメリック
別名ウコンとも呼ばれているターメリックは、日本のカレー独特の黄色い色を出すために使われています。
その中で日本のカレー粉に使われているのは苦味の少ない「秋ウコン」というもので、実は秋ウコンだけでカレー粉全体の20~40%を構成しています。
・クミンシード
そして日本のカレーの香りを構成する上で欠かせないのがクミンシードです。
エジプトで生まれたクミンシードは最も古くから栽培されているスパイスの1つといわれていて、古代キリシアや古代ローマでは薬用薬味として用いられていました。
インド人が料理を作る時にもよく使われていて、チャツネカラムマサラなどにもクミンシードは含まれています。

このようにスパイスだけを見てもインドと日本のカレーは全く違ったものとなっているため、インド人が日本のカレーを見るととてもビックリするそうです。
同じカレーでも作る国によってこれだけ違ってくるのですから不思議なものですよね。