VOX ORGANIC SPICE

オーガニックスパイスの専門店 VOXSPICE

 

NORI et NOJIのレシピ

ナスのボロネーゼ

【材料】4人分

  • 牛ひき肉500g
  • 玉ねぎ2個
  • 人参1/2個
  • セロリ1/2個
  • ホールトマト缶(400ℊ)1缶
  • 赤ワイン150g
  • 適量
  • オレガノ1g
  • タイム1g
  • ブラックペパー適量
  • ニンニク1片
  • ナス3本
  • パルミジャーノチーズ適量
  • スパゲッティ320g

Method

  1. ニンニク、玉ねぎ、人参、セロリをみじん切りにしてしんなりするまで鍋で炒める。
  2. 牛ひき肉をフライパンでしっかり焼き色がつくまで炒める。炒めたら赤ワインを入れて鍋底に焦げ付いた牛ひき肉をこそぎ落として①の鍋に入れる。
  3. 種を取り除いて潰したホールトマト、オレガノタイム、を入れて1時間半程煮込む。途中で水分が無くなり具材が浸かってないようなら水を足す。
  4. 最終的に半分の水分位まで煮詰める。ナスを輪切りにして油で揚げて鍋に入れて塩、ブラックペパーで味を整える。
  5. スパゲッティを茹でてさらに盛り付け上からミートソース、削ったパルミジャーノチーズをのせる。

シェフのひとこと

ナポリからローマに戻る為の列車のチケットを買うために並んでいたところ突然私の前に二人組が割り込んできた。日本ならなかなかないようなことでも海外ではそうはいかない。そういえば先程食事をした駅前のトラットリアは料理はすべて美味しかったし、サービススタッフの男性も陽気で親切だった。唯一パスタが茹ですぎだったということをのぞいては言うことなしだったと思う。
ローマでは生パスタが多く私には茹ですぎな気がしていた。南の地方は乾麺が多いと聞いていたのでそろそろ「アルデンテ」というものに出会えると思っていたのだが。ついていないのか、そういうものなのか。。。と考えていると後ろに並んでいたイタリア人達が割り込んできた二人組に猛然と抗議を始めた。海外で人に助けられるなんて。。。、と感動していたのだが帰りの列車の中でよく考えてみると後ろに並んでいた人達も割り込まれていたのだなと気が付いたのだった。

スタッフYuから

みなさんこんにちはスタッフYuです。パスタを茹でる時の目安の「アルデンテ」はパスタの中心にわずかに芯が残る状態とよく言われているようですがそのお店によってまちまちのようです。
結局は食べる方のお好みの硬さが正解ということではないでしょうか。今回ご紹介しましたレシピはとてもベーシックなものですが一度は作って頂きたいと思う一品です。ひき肉を牛肉から子羊に代えて作ってみるとまた違った美味しさが。そんな新しい美味しさに興味のある方は是非ノリエノジまでお越しください。

フレンチレストラン NORI et NOJI

則末 修 のりすえ おさむ

老舗の和食店に生まれ、赤坂の高級割烹などで和食を10年修行し、新たな可能性を求めて渡豪、帰国後西洋料理に転身。丸の内のレストランを経て、都内レストランでシェフを務め、独立。

野地崎 祐輔 のじさき ゆうすけ

フランス3つ星レストラン“Gilles Goujon”、イギリスに本店を置く“Daylesfort”でシェフを務めるなどフレンチのみならずヨーロッパ各地の料理に精進。

2013年6月11日 待望のフレンチレストランNORI et NOJI を鵠沼海岸にOPEN!

自然派ワインやこだわりの手作り天然酵母パン、オーガニックスパイスを使った彩り豊かなお料理やデザートを洗練されたインテリア空間でお楽しみいただけます。

NORI et NOJIのレシピ一覧はこちら