VOX ORGANIC SPICE

オーガニックスパイスの専門店 VOXSPICE

 

  • HOME
  • SPICE STORY
  • スパイスをプラスして大人のカクテルを楽しむ

SPICE STORYスパイス物語

スパイスをプラスして大人のカクテルを楽しむ

2019/12/19 スパイスを使ったカクテル

クリスマスをはじめ、パーティやイベントで盛り上がる年末、パーティのお供に欠かせないのがお酒です。
そして、大人のパーティを楽しむなら、スパイスやハーブを使った大人のカクテルがおすすめです。
今回は、カクテルに合うスパイスやハーブ、また、スパイスと相性の良いお酒のお話をしたいと思います。

モヒートのハーブにバリエーションを

まず、カクテルに合うハーブといえばやはりミントです。すっきりとした爽快感のある香りがカクテルにはピッタリです。そして、ミントをふんだんに使ったカクテルといえば、キューバ発祥のラムベースのカクテル「モヒート(Mojito)」が代表的。モヒートには本場キューバでは「イエルバブエナ(Hierba buena)」と呼ばれるミント、一般的にはスペアミントが使われます。

実はこのモヒート、ミントの代わりに、例えば、レモングラス、スイートバジル、ローズマリーなど他のフレッシュハーブを使うと、一味違った味わいが楽しめます。フルーツもライムの代わりにレモンやオレンジ、グレープフルーツなどにすれば、バリエーションが広がります。

カクテルには個性的なスパイスが合う!

次に、カクテルに合うスパイスについて。こちらは意外と個性的なものが合うようです。例えば「カルダモン」。スパイスの女王と呼ばれる通り、甘くて上品な香りを特徴とするこちらのスパイスは、ジン、ラム、ウォッカ、ウイスキーなど、どんなお酒とも相性が良いと言われています。先ほどのモヒートにもプラスすると、スパイシーに仕上がります。

また、一見クセのありそうな「コリアンダーシード」も柑橘系の爽やかな香りがカクテルに奥行きを与えてくれるそうで、なんとビールとの相性がピッタリなのだとか。その他、ジントニックにジンジャーをプラスすればピリッと刺激的に、ソルティードッグにはローズマリーで香りをプラスすれば、一層軽やかな味わいになります。

いずれも、レモン、ライム、グレープフルーツといったフルーツを組み合わせると飲みやすいカクテルに仕上がります。

スパイスと好相性のお酒「ジン」

最後に、原料にスパイスが使われているお酒「ジン」についてお話したいと思います。ジンは、サトウキビから砂糖を作る際に出る廃糖蜜や、大麦、ライ麦、トウモロコシといった穀物をベースとしたスピリッツに「ボタニカル」と呼ばれる植物の草や根、木、皮を加えて蒸留し香りづけされたお酒です。

代表的なボタニカルとしては、ジンには不可欠と言われるジュニパーベリーの実をはじめ、アンジェリカ、オリス、リコリスの根、レモンピールやオレンジピールといったフルーツの皮、そして、コリアンダーシード、シナモン(カシア)、カルダモン、ジンジャーといったスパイスが上げられます。その他、フェンネル、ブラックペパー、ナツメグ、クローブ、ローズマリーなども使われることがあります。よって、ジンはスパイスと相性の良いお酒と言えるでしょう。

メーカーやブランドごとで使用するボタニカルも違うので、ぜひチェックしてみては?