VOX ORGANIC SPICE

オーガニックスパイスの専門店 VOXSPICE

 

  • HOME
  • SPICE STORY
  • 色とりどりのスパイスで魅了する「モロッコ」

SPICE STORY

色とりどりのスパイスで魅了する「モロッコ」

2016/07/21 スパイス紀行

モロッコは北アフリカに位置するイスラム教の国家で、地中海を挟んだ北にスペインをのぞむヨーロッパに一番近いアフリカの国です。地中海沿いの北部は温暖多湿なエリアですが、南部にはサハラ砂漠が広がっています。

そんなモロッコの料理はというと、土着のベルベル料理と地中海料理、アンダルシア料理がミックスしたものになっており、オリーブオイルとニンニクをベースに、スパイスをふんだんに使ったエスニック色豊かな料理が楽しめます。

そして、モロッコの観光スポットとしてぜひ押さえておきたいのが「スーク」と呼ばれる市場。色とりどりのスパイスを取り揃えたお店が沢山立ち並んでいます。

サハラ砂漠

女性に嬉しいヘルシーさが魅力のモロッコ料理

モロッコ料理といえばまず浮かぶのが「クスクス」ですが、それと同じ位代表的な料理が「タジン」と呼ばれる煮込み料理。上の部分が細い三角錐の形をした「タジンポット」と呼ばれる伝統的な土鍋で作ります。このポットの形にはちゃんと意味があり、上の細い部分で低い温度を保つことで食材から発生する水蒸気が冷やされ、ハーブやスパイスの成分と共に再び水滴となって食材のもとへ戻る仕組みになっているそうです。

無水調理のため水溶性ビタミンやミネラルの損失が少ない上、風味も逃がさない、熱の通りが良いので油が控えめに済むのも魅力的です。砂漠など水が貴重な地域を抱えるモロッコならではの知恵から生まれた、実に合理的な調理法です。また、野菜や果物の種類が豊富な上、とても安く手に入るモロッコでは、料理に野菜をふんだんに使用します。つまり、モロッコ料理はとってもヘルシーなのです!

スパイシーさに甘さが加わる独特な味

スパイスをふんだんに使うモロッコ料理ですが、基本的に食材本来の味を大切にするため、香りや色付け、食材の臭いを消す目的でスパイスが使われることが多く、意外にも辛くないのが特徴。野菜から出る甘みや、レーズンやデーツもよく使われるため、スパイシーさと甘さがミックスした独特の味わいを堪能できます。

主に使われるスパイスは、クミン、パプリカ、ターメリック、ジンジャー、シナモンなどですが、その他にも無数のスパイスがあります。また、コリアンダーやイタリアンパセリなどのフレッシュハーブもよく使われます。

99種類のミックススパイス!?

モロッコのスパイス

モロッコには、「ラスエルハヌート」と呼ばれるミックススパイスがあります。これは「店主が提供しなければならない最高のスパイスミックス」を意味します。 少ない店で10数種類、多いお店では50種類ものスパイスをブレンドしているそうで、配合する種類によって価格も変わるとのこと。

中には99種類のスパイスがミックスされているものもあるとか。モロッコに行った方なら、「99種類のミックススパイス」と実際に耳にしたこともあるはず。スパイス屋さんに並ぶ数えきれないほどのスパイスを見れば納得かもしれません。

ちなみに、モロッコでは緑茶がポピュラーな飲み物として親しまれています。「アッツァイ」と呼ばれる、フレッシュミントとお砂糖がたっぷり入った緑茶です。モロッコ料理で舌鼓を打ったら、締めはアッツァイといきましょう。

記事カテゴリー一覧