VOX ORGANIC SPICE

オーガニックスパイスの専門店 VOXSPICE

 

  • HOME
  • SPICE STORY
  • インド料理に欠かせないミックススパイス「ガラムマサラ」

SPICE STORYスパイス物語

インド料理に欠かせないミックススパイス「ガラムマサラ」

2017/06/15 スパイスの魅力

「ガラムマサラ(Garam masala)」とは、主にインドで使われるミックススパイスの一つで、特に北インドでは料理に欠かせないスパイスと言われています。「辛いスパイス」と訳されることの多いガラムマサラですが、ヒンディー語で「ガラム(garam)」は「熱い(暑い)」「温かい」、「マサラ(masala)」は「混ぜたもの」を意味し、実際は辛味よりも香りをつけることを目的に使われるそうです。

家庭の数だけガラムマサラがある

ガラムマサラの作り方としては、シナモン、クローブ、ナツメグを基本スパイスとし、そこにカルダモン、ブラックペパー、クミン、コリアンダー、辛味を強めたい場合にはチリペパーなどを好みで加えます。そして、これらのスパイスの種子や樹皮をホールのまま空煎りし、最後に砕いて粉末にします。出来立てを使うのが最適ではあるものの、空煎りしたホールのまま密封すれば1ケ月ほど保存することもできるそうで、使う前に砕いて粉末にする方法もあるとのこと。

とはいえ、実際にガラムマサラの正式なレシピがあるわけではないのだとか。人によってはもちろん、同じ人であってもブレンドがいつも同じとは限らないと言われています。インドでは「家庭の数だけガラムマサラがある」とも言われ、家庭料理に使われる自家製のミックススパイスなのです。

香りが命のため仕上げに使われることが多く、カレーはもちろん、タンドリーチキンなどのグリル料理、サラダ、野菜の炒め物、煮込み料理に至るまで、あらゆる料理に使われます。また、インドのスパイスミルクティー「マサラチャイ」にも使われます。

ガラムマサラはカレー粉とは別物

インド料理といえばカレーというイメージと、ミックススパイスという性格上、ガラムマサラ=カレー粉と勘違いされがちなのですが、ガラムマサラとカレー粉は別物です。

カレー粉はイギリス発祥のミックススパイスであり、18世紀後半にイギリス人がインドから米や様々なスパイスを持ち込んだことをきっかけに、インド料理=カレーを作るために開発されたと言われています。ちなみに、ガラムマサラはカレーにも使われると言われていますが、そもそも、インドにはカレーという名前の料理はないそうで、カレー粉も存在しないのだとか。

似たような種類のスパイスを数種類ミックスするという点では、ガラムマサラもカレー粉も共通していますが、この2つの決定的な違いは色みをつけるスパイス「ターメリック」を使うかどうか。ガラムマサラにはターメリックは使われず、あくまでも香りをつけるためのスパイスとして活用されます。

いつものカレーを本場のインド風味に仕上げるなら、ぜひガラムマサラを活用してみては?