VOX ORGANIC SPICE

オーガニックスパイスの専門店 VOXSPICE

 

SPICE LESSONスパイスレッスン

SPICE LESSON 5香りの記憶(経験)を利用して

2018/02/08

これまでのLESSONで、スパイス達はそれぞれ「辛味」「色味」「香味」の3つのグループに所属していて、「香味」のスパイスは形状別にさらに3つのグループに分かれていることをお話ししまた。唐辛子やターメリックなどの「辛味」と「色味」のスパイスは非常に身近なスパイスですし、全部合わせても13種類(レッドペパー・胡椒・山椒、ジンジャー・マスタードシード・ホースラディッシュ・オニオン・ガーリック・サフランターメリックパプリカパウダー、クチナシ、紅花)しかありません。頑張って覚えてしまえば、もう簡単!
「辛味」と「色味」のスパイス以外は全て「香味」のスパイスに分類されます。

「香味」のスパイスは形状からさらに3つのグループに分けて使い方を推測していけば良いので、もう何も覚えなくても目で見てグルーピングができてしまいますよね!

知らないスパイスに出会ったら、まずそのスパイスの所属を決めてあげて、同じグループの古株さんと同じように扱ってあげれば良いのです。あなたと一番付き合いの古い、信頼できて確実な古株さんの真似を新人さんにもしてもらえば、間違いないのです。

ただ、ここでも、それぞれの個性を生かしてあげることを忘れてはいけません。スパイスを使う時はいつでも、自分の嗅覚と嗜好で香りをジャッジすることが大切なのです。

古株さんよりも新人さんの方が強い香りで強壮的だと感じたならば、使用分量を控えめにしてあげるべきですし、弱くおとなしい香味であれば少し多めに使ってあげる、そんな小さな配慮だけで、新人さんのパフォーマンスは驚くほどに上がります。

「LESSON 1」から「LESSON 5」までのおさらいを簡単に書きました。知らないスパイスでも推測して使うための秘訣ですので、忘れてしまった方は是非もう一度読み直してみてください!

種の形をしたスパイス達

「クミン」を代表とする種の形をした「シード系スパイス」は、「クミン」といえば「カレーライス」、「キャラウェイ」といえば「ザワークラウト」という具合に、馴染み深いお料理とセットになって私たちの舌に記憶されています。

舌が経験した「スパイスの香味」は「お料理の味」として記憶されているのです。ですから、シード系スパイスを使ったら、どんなメニューであろうと「記憶に紐付いたお料理の香味になる」ということを忘れてはいけません。つまりクミンやフェネグリークを使えば必ず「カレー風味になってしまう」ということです。

例えばキャベツではなく、タマネギやゆで卵などの酢漬けにキャラウェイを入れてみると、食した人は「ザワークラウトの味がするね!」と言うかもしれません。
いつものポテトサラダにクミンを混ぜてみたならば、カレー味のポテトサラダになる訳です。

この香りの記憶(経験)を上手く利用して、いつも作っているお料理、例えばチャーハンや焼きそば、野菜炒めなどにシード系スパイスをほんの少しだけ加えてみましょう(2人分でMAX小匙1/5程度)。醤油や塩、胡椒などの味付けは全く変えずに、シード系スパイスだけをプラスするのです。

いつものお料理に、舌が知っているスパイスの香味が加わるだけなので、失敗することなくお料理のバリエーションを増やすことができます!


執筆者紹介

IKU

スパイスコーディネーター

「身体の声を聴く」がモットー。
20数年に渡るYOGA的ライフスタイルの中で「美容や健康をおいしく安全にサポートしてくれる万能なアイテム」として、スパイスや漢方食材の可能性に開眼。

2011年よりセルフメンテナンス・ドット・ビズを立ち上げ、企業や自治体主催のセミナーなどで企画・講師を務める。
実践的な活用法が人気のスパイスセミナーの参加者は年間200人を超える。

日本漢方養生学協会認定:漢方上級スタイリスト/養生薬膳アドバイザー
スパイスコーディネーター協会認定:スパイスコーディネーターマスター
YOGA インストラクター

LESSONSこれまでのレッスン